グレンラガン評論

アニメ「天元突破グレンラガン」のあらすじ、グッズ紹介
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

天元突破グレンラガン -紅蓮学園篇- (角川コミックス・エース (KCA231-1)) (コミック) の感想

天元突破グレンラガン -紅蓮学園篇- (角川コミックス・エース (KCA231-1)) (コミック) の感想をば、



いやあ、面白かった。燃え分とメカ分が足りなくて、その代わりに萌え分とラブ分が大目の配分。グレンラガンが出てこなかったのがちょっと残念だけど、カミナ×ヨーコシモン×ニアのラブコメが見れただけで、グレンラガンファンとしては、満足すぎるほど満足だ。だって、この二組のカップル、原作だと悲劇的な結末になっちゃうからね。

グレンラガンのお約束の啖呵が、学園バージョンで色々聞けたのも楽しかった。個人的には、ヨーコの、「男意気を支えてやるのが女意気!」っていう(正確にはちょっと違うけど)啖呵がカッコよかったなぁ。

このコミックは、GAINAX公認というか公式のパロディ本で、作者は以前から、ヨーココスプレをしたキャラを作品に出していたくらい、グレンラガンファンだったようで、そこらへんが評価されて今回の仕事を任されたようだ。

絵柄を見ても、女の子が可愛いのはもちろんとして、男どもが、それなりにちゃんと描かれているのは、さすがは公式パロディって感じで、違和感無く読めた。これが、アンソロジー・同人誌とかだと、「誰だコイツ?」ってくらい、キャラが変形・美化されてたり、そもそも似せようという努力の跡が見られなかったりするんだよね。

さて、劇場版のDVD化はまだかな?

スポンサーサイト

2009年11月05日 グレンラガン トラックバック(0) コメント(3)

電撃コミック ガオ ! 2007年 07月号 [雑誌] |

電撃コミック ガオ ! 2007年 07月号 [雑誌]電撃コミック ガオ ! 2007年 07月号 [雑誌]

角川 (メディアワークス) 刊
発売日 2007-05-26


表紙はヨーコ 2007-05-27 ミーナの小冊子があります。漫画ではしぶとくやってますがそれ以外では忘れ去られていないかなあ…?
漫画グレンラガンですが、アニメそのまんま写した感じですね。
まあDVD出るまでその辛抱なんですかね。
さらに詳しい情報はコチラ≫


2008年04月23日 グレンラガン トラックバック(-) コメント(-)

天元突破グレンラガン 1 (ガガガ文庫 す 2-1) |砂山 蔵澄

天元突破グレンラガン 1 (ガガガ文庫 す 2-1)天元突破グレンラガン 1 (ガガガ文庫 す 2-1)
砂山 蔵澄
小学館 刊
発売日 2007-08-17



さらに詳しい情報はコチラ≫


2008年04月23日 グレンラガン トラックバック(-) コメント(-)

天元突破グレンラガン 1 (1) (電撃コミックス) |森 小太郎 /GAINAX /中島 かずき

天元突破グレンラガン 1 (1) (電撃コミックス)天元突破グレンラガン 1 (1) (電撃コミックス)
森 小太郎 /GAINAX /中島 かずき
メディアワークス 刊
発売日 2007-09-27


皆さんのレビューを読ませて頂いて 2008-03-22 購入しました。
アニメは普段あまり観ないのですが、グレンラガンは友人から勧められて全話観ました。
これでもかというくらいハマってしまい、しまいにはヨーコ写真集にまで手を出す始末。

原作がアニメやゲームの漫画は、原作のイメージが壊れるので、普段は読むことは
控えているのですが、今回は皆さんのレビューもあって、本屋にGOしました。

内容なのですが、ほんとに原作に忠実な絵柄、構成に好感が持てました。
次巻も買い続けますので、是非、ラストまでつっ走っていって欲しい作品です。
さらに詳しい情報はコチラ≫


2008年04月23日 グレンラガン トラックバック(-) コメント(-)

天元突破グレンラガン 2 (2) (ガガガ文庫 す 2-2) (ガガガ文庫 す 2-2) |砂山 蔵澄

天元突破グレンラガン 2 (2) (ガガガ文庫 す 2-2) (ガガガ文庫 す 2-2)天元突破グレンラガン 2 (2) (ガガガ文庫 す 2-2) (ガガガ文庫 す 2-2)
砂山 蔵澄
小学館 刊
発売日 2007-10-18


これ単品だと微妙なところかなという感じ。 2007-10-22 書いているのが脚本の方なので、文章が小説としては読みづらい。ガオガイガーファイナルのノベライズでも思ったけど。
グレンラガンは話数が少ないせいで削られた描写も多いようだから、その補完としては楽しめるかな。ロシウやヴィラルについては多少考えていたことが分かるという感じ。
ただそれもアニメの方から予想できる範囲という気もする。
正直、アニメを見ないでこの小説だけ読んでもイマイチかなあという感想。マンガ版は割合単品で成立してると思うんだけど。
さらに詳しい情報はコチラ≫


2008年04月23日 グレンラガン トラックバック(-) コメント(-)

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。