FC2ブログ

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第19話 グレンラガン評論

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第19話のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第19話

アニメロードランナー/天元突破グレンラガン 第19話「生き残るんだどんな手段を使っても」



敵を撃退し帰還したシモンはロシウによって逮捕され、そのまま独房に監禁される。三週間後に落ちてくる月のことを知り、カミナシティで暴動を起こした民衆を鎮めるにはこの方法しかないと言うロシウに対し、キタンやダヤッカらグレン団のメンバーはいきり立つものの何も言い返せない。
via ありくい 無料ブログエディタ

ロシウはいつも自分たちがなにかを犠牲にしてきたと言う。カミナや自分の母が死んだおかげで、自分たちは強くなれた、と言うのだ。



一方リーロンたちは、ムガンを倒す武器の開発に力を注いでいた。

回る、というヒントから、リーロンはある着想を得る。



ロシウたちは、月落下に備えて、シェルターとなりうる地下都市の捜索、そして、ロージェノムの虎の子である、巨大スペースダイガン、アークグレンを発見する。



ついに裁判がひらかれ、シモンは戦争犯罪人として死刑を宣告されてしまう。バリンボーが弁護士で、ギングレーが検事、ロシウが裁判官という仕組まれた裁判だ。



裁判所に現れるニア。

「アンチスパイラルが欲しているのは、絶対的絶望」

「あと二週間。生への執着を抱え、苦しみながら最期の時を迎えなさい」



リットナー村に現れる巨大ムガン。壊滅するリットナー。死刑囚となったシモンは、自分をグレンラガンに乗せろと言う。爆弾でもなんでも積み込んで、逃げたら爆破しろ、というのだ。



ロシウは非情だった。志願したキヤルを爆弾の起爆スイッチ代わりにグレンに乗せるのだった。



公式放送にて、シモンの死刑と避難計画の発表をするロシウ。

人々は、ロシウの提示した希望に、歓声をあげるのだった。



ムガンに包囲され絶対絶命のグレンラガンは、ギガドリルブレイクの進化技、ギガドリルマキシマムでムガンを一掃する。だが、司令塔ムガンを取り逃がしてしまう。



かけつけるグラパール。トルネードフォーメーションを展開し、スパイラルボンバーを打ち込みムガンを破壊、トルネードシールド展開してムガンの爆破を無効化することに成功する。



もはやグレンラガンは必要ではなくなった。もうあなたには頼らない。



キヤルの行動に激昂したキタンはロシウになぐりかかる。



刑務所に収監されたシモンはそこで、かつてのライバル、ヴィラルと再会するのだった。

2007年09月08日 あらすじ トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gurenragan.blog109.fc2.com/tb.php/20-c536288c

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第19話「生き残るんだどんな手段を使っても」

品質評価 8 / 萌え評価 9 / 燃え評価 13 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 19 / お色気評価 9 / 総合評価 11レビュー数 186 件 敵を撃退し帰還したシモンはロシウによって逮捕され、そのまま独房に監禁される。カミナシティで暴動を起こした民衆を鎮めるにはこの方法しかない

2007年09月11日 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。