FC2ブログ

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第22話 グレンラガン評論

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第22話のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第22話

アニメロードランナー/天元突破グレンラガン 第22話「それが僕の最後の義務だ」



宇宙へ脱出したアークグレンを、軌道上で襲うムガンの大編隊。

ギミーたちグラパール隊の奮戦もむなしく、アークグレンの損害は増大していく。

アークグレンのクルーが絶望のふちに立たされたそのとき、ブリッジに響くシモンの声!

「あきらめるな!ロシウ!」

シモンのとヴィラルのグレンラガンとキタンたちのガンメンが駆けつけたのだ。
via ありくい 無料ブログエディタ

「人と獣の二つの道が、捻って交わる螺旋道!」

「昨日の敵で、運命を砕く! 明日の道を、この手で掴む!!」

「宿命合体! グレンラガン! 俺を誰だと思ってやがる!!!」




その気合の一撃が、ムガンの大群の大半を撃破する!



月から巨大なビームが発せられる。発射台を一気に壊すグレンラガン。

それに対して巨大ムガンが、グレンラガンとアークグレンを取り込んでしまう。



リーロンはある可能性に気づいていた。アークグレンラガンは、テッペリンと同型の巨大ガンメン。すなわち、人型への変形が可能なのだ!



「銀河も運命も突破して!」

「命の叫びが銀河に響く!」

「怒涛合体、アークグレンラガン!!!」



「時空裂斬バーストスピニング」で巨大ムガンを撃破するグレンラガン。

文字通り、時空を裂いて吹き飛ばしてしまう。



月を押し戻そうとしていると、ロージェノムヘッドが重大な事実を思い出した。

月こそ螺旋族の旗艦、カテドラル・テラだったのだ。

月の内部にギガドリルを差し込めば月を制御できるのだ。



18万人の命を護るため、最後の1分で離脱をするというロシウ。

それは、なんと言われようと、己の護るべきものを護る強い意思だった。



ギガドリルのプラグの前にたちふさがるニア。

シモンの熱い説得が、アンチスパイラルのメッセンジャーとなってしまったニアの心に届いたのだ。



月が変形し、戦艦型ガンメン、カテドラル・テラとなり、逆噴射して元の軌道に戻っていく。



そしてニアは、シモンたちのデータ解析のために、アンチスパイラルの本星に召喚されてしまうのだった。



そして、ロシウは……

2007年09月29日 あらすじ トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gurenragan.blog109.fc2.com/tb.php/24-d5eb1a15

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第22話「それが僕の最後の義務だ」

品質評価 24 / 萌え評価 14 / 燃え評価 45 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 17 / お色気評価 6 / 総合評価 20レビュー数 211 件 宇宙へ脱出したアークグレンを、軌道上で襲うムガンの大編隊。ギミーたちグラパール隊の奮戦もむなしく、アークグレンの損害は増大していく。ア

2007年10月04日 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。