FC2ブログ

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第25話 グレンラガン評論

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第25話のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第25話

アニメロードランナー/天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」

アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦隊をみるみるうちに駆逐していく。だが、アンチスパイラルの仕掛けた新たなる罠に大グレン団の面々はなすすべなく囚われる。それはシモンですら例外ではなかった。
via ありくい 無料ブログエディタ

スパイラルネメシス、それは宇宙と共に成長する力が、やがて宇宙を食い尽くしブラックホールと化す。

その真実を知りうろたえたシモンにロージェノムは言う。

「真実はもう一つある。それはニアがお前を待っているということだ」

確率や時間を変動させて攻撃してくるアンチスパイラルに対して、超銀河ダイグレンも確率や時間を変動させて打ち落とす。

ロージェノムが量子力学的なことをつらつら述べるが誰も理解できない。

理解できないが、とにかくぶっ放すだけである。

超銀河ギガドリルブレイクは、隠れていたアンチスパイラルの母艦を撃破するのだった。



しかし、アンチスパイラルは新たな罠を仕掛けてきた。

知性あるものならば誰もが逃れることのできない、多元宇宙の罠。

あらゆる可能性の中の一つ一つに捕われる大グレン団の面々。



自身の螺旋力とロージェノムの螺旋力から人間型に変形するブータには驚いた。

しかし、人間型になったことで多元宇宙にとらわれてしまう。



多元宇宙に捕われた面々の前に、カミナが現れる。

「もし、とか、たら、とか、れば、とかそんな思いに惑わされるな」

「自分が選んだ一つのことがお前の宇宙の真実だ」

「忘れるな、俺の宇宙もそこにある宇宙だ」



そして、多元宇宙から、自分の選んだ宇宙へと。



「今度こそ、ほんとにあばよだ」

「あばよじゃない、いっしょだろ?」



「行くぜ、ダチ公」

2007年09月29日 あらすじ トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gurenragan.blog109.fc2.com/tb.php/28-1facc75f

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第25話「お前の遺志は受け取った!」

品質評価 41 / 萌え評価 2 / 燃え評価 38 / ギャグ評価 23 / シリアス評価 100 / お色気評価 35 / 総合評価 40レビュー数 34 件 アンチスパイラルの新たなる攻撃にさらされる超銀河ダイグレン。宇宙が高密度の海と化し、超銀河ダイグレンを沈めていく。罠を打ち破るため、シ

2007年10月01日 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。