FC2ブログ

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第3話 グレンラガン評論

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第3話のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第3話

アニメロードランナー/天元突破グレンラガン 第3話「顔が2つたぁナマイキな!!」



シモンのラガンとカミナのグレンの活躍により敵を撃退した人間たち。奪ったガンメンに己のチーム名であるグレン団のグレンの名前をつけるカミナ。

ネーミングセンス抜群である。



第3話はカミナのライバルであるヴィラル初登場の回である。

ヴィラルのガンメン「エンキ」の強さに最初はあっさり負けてしまうカミナとシモン。



一般人らしい小心さで逃げようとするシモン。大物の意地でヴィラルへのリベンジを誓うカミナ。



ボロボロになっていくグレンを見ていられないシモンに、ヨーコはカミナがシモンを待っている、信じているのだと教える。



そして、、、、シモンは立ち上がり、、、、グレンラガンが誕生する!!



初回の村長の刀から始まり、2話ではグレンを、3話ではエンキの兜を奪ったカミナ。



思えば、ヒーローの武器は敵から奪って手に入れるのが王道なのである。

ライダーが典型的な例だろう。

敵は圧倒的に強く、味方は圧倒的に弱い。

そんな状況を打破するために、主人公は敵から武器を奪うのである。



カミナには王道ヒーローの血が流れているのだ。
via ありくい 無料ブログエディタ

2007年06月22日 あらすじ トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。