FC2ブログ

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 最終話 グレンラガン評論

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 最終話のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 最終話

アニメロードランナー/天元突破グレンラガン 最終話「天の光はすべて星」

これは自分の運命を知らなかった一人の男の人生の物語。

今、男は自分の運命を知り、愛する女と、友と、まだ見ぬ明日のための最後の戦いが今、始まる!
via ありくい 無料ブログエディタ

ニアもまた戦っていた。アンチスパイラルからイレギュラーと呼ばれ、ただのメッセンジャーとして生まれ、それでも、螺旋の戦士を愛し、螺旋の民と共に生きることを望み。



ついにたどりついたシモン、そして大グレン団。誕生した天元突破グレンラガン。アンチスパイラルはその姿をも真似し、最大の絶望を与えようとする。

螺旋の力の果てが滅亡であると知り、己の進化の可能性を封じ込め、かつての同族を倒し封じ込め、宇宙を守るために。



戦いの舞台は、螺旋界認識転移システムによって地球へ。

ビッグバンにも匹敵する攻撃にその身を挺するロージェノムのラゼンガン。

エネルギーと一体化して巨大なドリルと化したロージェノムと共に戦う。



シモンは言う。螺旋生命を封じ込めなくても、宇宙は滅びない。スパイラルネメシスだって防いでみせる。



ならば、きっと宇宙を守ってみせろ。そう言ってアンチスパイラルは消えて言った。



勝利の後、シモンとニアの結婚式。幸せの絶頂で、ニアの体は光に消えて行った。

そしてシモンは、また、ただの穴掘りシモンとして旅立つのだった。



天の光はすべて星

2007年09月30日 あらすじ トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。