FC2ブログ

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第5話 グレンラガン評論

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第5話のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第5話

アニメロードランナー/天元突破グレンラガン 第5話「俺にはさっぱり判らねえ!」

旅を続けるカミナ・シモン・ヨーコら一行。とある場所までたどり着いた途端、突然地面が崩れガンメンごと地下に落下してしまう。



落ちた先は古びたガンメンを「顔神様」と崇める奇妙な村だった。

ガンメンから出てきたカミナたちは「顔神様の使い」として歓待されるが、村人たちの態度が怪しい。

案の定、村人たちは口減らしを目的とした儀式を行う。それは幼い子どもであるギミーとダリーを地上に送り出すという残酷なものだった。



「村が生きていくため必要」と説く司祭に対し納得できずつっかかっていくカミナ。そんな彼に反発を覚える村の少年ロシウ。



一触即発になりかけたそのとき、新たなガンメンが天井から落下してきた!グレンラガンで応戦するカミナとシモンだったが狭い空間での戦闘に苦戦する。



そこで古い顔神様に乗った司祭が参戦。なんとか退けることができた。



地上は約束の大地ではない、ガンメンは顔神様ではない。

その事実が、少年ロシウの知るところとなった。



ギミーとダリーと共に旅立つロシウに、司祭は聖典を渡そうとする。

「私が持っていても読めません」というロシウに、司祭は笑顔で、

「私も読めないのだ」と笑うのだった。

読めない聖典。それは盲目の信仰の証である。真理のために信仰があるのではなく、生活のために信仰が必要だった。そのある種の諦めが、カミナのような強い志をもった人間には理解できなかったのだろう。
via ありくい 無料ブログエディタ

2007年06月28日 あらすじ トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gurenragan.blog109.fc2.com/tb.php/5-2815260d

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第5話「俺にはさっぱり判らねえ!」

品質評価 30 / 萌え評価 26 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 35 / お色気評価 23 / 総合評価 23レビュー数 153 件 キタンたちと和解を果たし、さらに旅を続けるカミナ一行。とある場所までたどり着いた途端、突然地面が崩れガンメンごと地下に落下してしまう。

2007年08月26日 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。