FC2ブログ

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第9話 グレンラガン評論

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第9話のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメロードランナー/天元突破グレンラガンのあらすじ 第9話

アニメロードランナー/天元突破グレンラガン第9話「ヒトっていったい何ですか?」



四天王怒涛のチミルフの戦死を受けて、都では残りの四天王がうごめいていた。



新たな戦いの始まりが近いにもかかわらず、精神的支柱のカミナを失い、戦意に欠け、まとまりを失ってしまう大グレン団。そのなかでも、シモンは自分の不甲斐なさが兄貴を殺したのだとふさぎこみ自暴自棄になってしまう。



ロシウの乗るグレンと友にグレンラガンで戦っていたシモンは、シモンの心の悲鳴に供応するようににラガンが暴走し、グレンと分離し飛び出してしまう。



コントロールのきかないラガンはそのまま、不気味なコンテナが散乱する奇妙な谷に不時着する。谷をさまようシモンの前に、落下してきたコンテナをコアドリルで開けると中には一人の女の子が眠っているのだった。



ニア、というこの少女。なんと、螺旋王の王女である。人間という種類の生き物を初めて見たという彼女は、自分の父がしていることに疑問をもち、やがて大グレン団での活動を開始する。



襲来した四天王・流麗のアディーネに対して自分が姫であると見得を切り、その戦意をくじく。



「私を誰だと心得ますか!」

などと言うセリフにも、彼女が、カミナのいなくなった穴を埋める逸材であることが暗示されている。カミナとは違う、高貴なる者が持つカリスマが、大グレン団にどのような影響を与えていくのか、乞うご期待である。
via ありくい 無料ブログエディタ

2007年07月09日 あらすじ トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gurenragan.blog109.fc2.com/tb.php/9-dffaba02

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第9話 「ヒトっていったい何ですか?」

品質評価 10 / 萌え評価 31 / 燃え評価 15 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 46 / お色気評価 11 / 総合評価 20レビュー数 156 件 都に届けられた四天王チミルフ戦死の報。それは新たなる戦いの幕開けに過ぎなかった…。激しい戦いの末、ダイガンザンを手に入れた大グレン団

2007年07月09日 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。